Death To False Tanto

雑食な自称音楽好きが自己満でアルバムレビューなどをしていきます。ブログタイトルはWeezerから

私立恵比寿中学「朝顔」の主人公が大好きだ。

f:id:tantakatant:20180821134302p:plain*1

FAMIEN'18を経て…。

2018年の「エビ中のファミリー遠足 略して ファミえん」幸せな2日間が終わりましたね。

富士山をバックに、エビ中の話をしながらみんなでワクワクしながら開演を待ってるのも楽しかった。

ライヴはもう言わずもがな最高だった。1日目は夜のファミえんって聞いてたから、もう少し神秘的というか幻想的な楽曲を多くやるのかな?とは思ってたけど、大方いつも通りのファミえん。思い返すと幻想的な曲が少し多かったかな?って印象の公演。

「スウィーテスト・多忙。」の〈打ち上げろ花火〉という歌詞に合わせて打ち上がる花火も情緒に溢れて好かったなぁ。

宿までのタクシーが捕まらなくて1時間くらい歩いたのもいい思い出だし、途中で優しい知り合いが宿まで送って行ってくれたのも本当にありがたかったし、あったかい思い出だ。

 2日目の公演も例年のファミえんらしいセトリ、夏曲だったり、ファミえんでしか聴くことの出来ない*2「いい湯かな?」が聴けたり。

歌詞内のメンバーの担当番号が人数の減少により減って賛否分かれたけど、ホットフィールド2018で6人体制で初披露された「ナチュメロらんでぶー」では〈3 5 7 10 11 12 エビ中!〉になり、曲として再び完成し、改めて6人で進んでいく決意に包まれた。そんな感じがして嬉しかった。


そんな中、メンバー柏木ひなたから発せられる「次が最後の曲になります。今年の夏の思い出全部詰め込んで。」という言葉。

そして流れる「ナチュメロらんでぶー」

私立恵比寿中学が大好きってことが再確認させられました。

最高の夏の思い出をありがとう私立恵比寿中学

『FAMIEN'18 e.p.』

最初から話が逸れてしまったが本題に入ると、4年前から「エビ中のファミリー遠足 略して ファミえん」に先駆けて配信限定で新曲を含む4曲をe.p.で配信されており、今年もそのe.p.が配信されている。そして今年度2018年度の『FAMIEN'18 e.p.』の中に「朝顔」という曲は収録されている。

ファミえんで恋に落ちた。

自分はこの曲で描かれている主人公が好きだ。

先にファミえんの感想を長々と述べたのは「朝顔」がファミえん曲であるからという理由の他に、ファミえんのスクリーンで歌詞を観ながら「朝顔」を聴いて、この曲、そしてこの曲の主人公が好きになったからという理由がある。

さて、どんな主人公かは後に述べるが、「朝顔」の歌詞は以下の通りとなっている。*3
f:id:tantakatant:20180821055345j:plain

まず述べたいのがこの歌詞に出てくる主人公がどんな人なのか?というところだ。

もしかしたら30前後の結婚を諦めたアイドルオタクが主人公なのかもしれないし、自信に満ち溢れていて会社を起業しちゃうような明るい主人公かもしれない。

前者はアイドルソングとして新しいのかもしれないけど、後者は個人的になんかやだな。
…というかどっちの主人公の歌詞も売れなそう。

冗談はさておき、早速歌詞を掘り下げていこうと思う。

~物語の流れ~

少し不思議な人。

〈アパートのベランダ、深夜に朝顔が咲いてます。ねえ、太陽じゃないんだよ、これは蛍光灯の光だよ。だまされてるとも気づかないで、それでも、綺麗に綺麗に綺麗に、咲いてくれて ありがとう。〉
と本物の朝顔に「太陽と蛍光灯を勘違いするなんておバカなやつだなぁ(笑)でも綺麗に咲いてくれてありがとう。」と従来の友人のかように語り掛けている。

幼き頃の夏休み。

Aメロから回想に入り、小学6年生の夏休みに〈23歳になったら結婚しよう。〉と子供らしい約束をしており、Bメロではそれに紐づいてか〈毎年行った夏祭りのくじ引き。ぐるぐる回しても金色は一度もでない(残念賞)〉と昔からついていない事を思い出し、幸の薄さをほのかに感じさせる。

痛みと決意。

1番サビで〈今宵も朝顔元気にベランダで笑ってんだ。私の痛みを吸って咲いたような〉と主人公が傷心していることが分かる。

〈約束を破ります〉23歳で結婚出来なかったことを指しているが、〈私まだまだ咲くね。太陽はいつも心の中にあるから〉と自分を朝顔のように比喩し、折れずに結婚や夢などに向かっていく意志を感じ取れる。

ピュアな女の子。

2番Aメロに入り〈爪を切るたんびに焦っちゃうけれど、マニキュア塗るたびに強くなる〉と爪が伸びることで時間の経過を感じ焦りを感じるが、オシャレをして、女性としての自信や強さを実感し、ウキウキしている少しかわいらしいさのある女性ということが分かる。

〈大人になるのでしょうか〉ともあり、これまでは23歳を超えたアラサー女子だと自分では思っていたが、意外と若い女性、もしかしたらエビ中メンバーと同い年くらいなのかもしれない。

夏よりも熱い恋。そして失恋。

2番Bメロでは〈夏より熱い季節があること、あの日の私は知らないでいたんだね〉とあったり、1番Aメロで〈今朝の夢の中に少年が出てきたの「23歳になったら結婚しよう」〉とあり、意識的か無意識的かは定かではないが結婚意識して、恋をしていたことが分かる。

1番のサビでも出て来ていた朝顔が元気に咲いている様子を見て〈私の痛みを吸って咲いたような〉とあり、失恋をして、夢の中で少年と約束をした23歳で結婚する約束を守れなそうだ。というニュアンスで〈約束を破ります〉と2番サビでも歌われている。

しかし、失恋をしてもネガティヴにならず、〈今の自分を真っ直ぐに見つめていよう〉と自信を持って進もうという意志が感じられる。

自信への決意。

〈どんなにかっこ悪くたって私は私の花を咲かせます。いつかまた、それぞれの花を持って会えたらいいね。そしたらまた恋をしようよ。〉

まだこの女性は花が咲いていない。つまり自分に自信がある状態ではないと考えられる。それでも卑屈にならずに、雑草魂的な心持ちで、かっこ悪くても誇れるものを見つけたい。それを身につけることが出来たらまた恋がしたいな。という意志を自分は感じる。

また、これまでのサビでは〈約束を破ります〉とあるが、最後のサビでは〈約束を果たします〉に変わっている。

また2番サビでは〈夢は変わり続けるさ〉とあるが、最後のサビでは〈変わるけど変わらないよ〉とある。

これは23歳で結婚するのが1つの夢であったが、自分に自信を持ったら結婚をしよう。そういった意味で〈約束を果たすよ〉に変わったのではないだろうか?

サイダーを飲みながら進もう。

そして最後にまた〈今の自分を真っ直ぐに見つめていよう〉と出てくる。自信を持とうという決意の表れだ。

しかし〈未来は足元に転がるよ。サイダーを飲みながら進もうか〉とあり、小さなことでもいいんだ。夏祭りでサイダーでも買ってゆっくり飲みながら誇れるものを探していこうよ。と、この曲は終わる。 

幸が薄く自信が無い。それに少し不思議だけど、笑顔で前向きな健気な子

歌詞をなぞってみたが、大方皆がイメージする主人公と近かっただろうか?

曲自体もアップテンポで決意を増長させるような曲調になっており、失敗してもへこたれず笑顔で進んでいく強さを感じる。

まとめると、この「朝顔」の主人公は、少し不思議な子で幸が薄く自分に自信が無いけれど、情熱的な恋をして敗れてしまう。

しかし、どうせ私なんて…。とはならず、自信がついたらまた恋をしようよ!と焦らないでゆっくり自信を付けていこう。とする前向きで健気な女の子なんだと思う。

f:id:tantakatant:20180828142837j:plain

*4

自分はそんな彼女がとても愛苦しく思えて大好きだ。あなたはどうだろうか?